ME-Q(メーク)著作権でキャンセルされる?!自作オリジナルグッズはどこまでOK?

PR
PR
ME-Q(メーク)著作権でキャンセルされる?!グッズ販売での注意点は?

好きな写真や画像を入れたオリジナルグッズが作れる ME-Q【メーク】

推し活・オタ活でアイドルや漫画・アニメキャラを入れた推しグッズが自由に作れるなんて最高すぎる!

そう思ってメークで自作グッズを作ってみようとすると

”著作権・肖像権を侵害していると疑われる場合は注文をキャンセルする場合がある”

との注意書きが。

推し活女子
推し活女子

推しの画像を入れたグッズは作れないの…?(泣)

 

著作権とか肖像権とかちょっと難しくてどこまでやっていいことなのかよく分からないですよね。

そこで本記事では、

・ME-Q(メーク)で著作権キャンセルされるケースとは?
・アイドルやアニメキャラの画像を使った自作オリジナルグッズはどこまでOK?
・同人グッズを販売するには?

についてまとめました!

ME-Qに限らず個人で推しぬいや同人グッズを制作する方必見の内容なのでぜひチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク
目次下

ME-Q(メーク)著作権でキャンセルされるケースとは?


 

ME-Qのオリジナルグッズ作成で、著作権・肖像権を侵害する可能性のある注文が断られてキャンセルされる問題。

推し活でアニメ・漫画・アイドルの推し画像や同人制作イラストをオリジナルグッズにすることはできないのでしょうか?

 

自分用ならOK

著作権・肖像権の法律から言えることはズバリ、

自分用に使うだけならOK」です!

 

著作権法では”著作物を私的使用目的で複製する場合、著作権者の許可を得なくてもよい”と定められています。

自分で買って自分で使うなら

・推しの画像を入れたオリジナルグッズ
・二次創作した同人グッズ

いずれも自作することに問題はありません。

 

推し活女子
推し活女子

自分用ならOKなんですね♪
はぁ~よかった(*´Д`)

 

アイドル写真や漫画・アニメイラストを使うのは絶対NGという訳ではないんですね。

これで安心してME-Qで推し活ができます…!

>>【ME-Q】の口コミ評判はこちら!

 

\ME-Qで推し活!/

 

著作権に注意するべきケース

NGになる可能性があるのは、以下のようなケース。

・オリジナルグッズを販売する
・二次創作の同人グッズを販売する
・オリジナルグッズや同人グッズを友達にプレゼントする

ここで言う”オリジナルグッズ”とは、アイドルや漫画・アニメなど著作権のある画像やイラストを入れたグッズのことです。

 

著作権や肖像権が問題になるのは、その複製物が「販売・譲渡」されるとき。

ME-Qで注文した時にキャンセルされる可能性としては、グッズを大量に発注したり、同じイラストのグッズを何回も発注した時ではないでしょうか。

つまり販売目的だとみなされたり、譲渡・販売していることがバレると問題になるわけですね。

 

また、個人が行うグッズ制作で難しいのは、友達へのプレゼント用(譲渡)に作成した時です。

こちらは1個だけ注文したらME-Q側には作成目的は分からないのでよほどの根拠がないとキャンセルはできないでしょう。

無難に行うなら、お友達にはサービスの存在を教えてあげて一緒に楽しむのがおすすめです。

 

\シュミレーションは無料!/

 

Sponsored Links
スポンサードリンク

ME-Q(メーク)で作成したグッズを販売したいときの著作権

オリジナルグッズの著作権を回避するには?

コミケや同人イベントで同人グッズを販売されているのは実際目にしますよね。

アニメ・漫画とコラボした商品や、二次創作した同人グッズを販売したいときはどうしたらいいのでしょうか?

 

著作者がガイドラインを発表しているか?

譲渡・販売目的で著作権のあるイラストを使用するときは著作者の許可を得ている必要があります。

まずは、著作者が二次創作を許可しているかどうか公式HPなどを確認しましょう

 

著作者がガイドラインを出している

著作者が二次創作を禁止している場合、同人グッズを販売することはできません。

でも繰り返しますが、自分用に私用目的で作るだけならOKです。

 

ガイドラインで一部許可されている場合は、その許容範囲内で利用しましょう。

 

ジブリが(常識の範囲内で)自由に使える写真素材を提供していることは有名ですよね。

最近だとサンリオのフラガリアメモリーズが同人グッズに関するしっかりしたガイドラインを出されたことが話題になっていました。

 

一度あなたの推しの公式サイトを確認してみてください。

 

著作者がガイドラインを出していない

とはいえ多くの場合、著作権に関するガイドラインが見つからないことも多いです。

この場合に素材利用や二次創作物を販売したい場合は、著作料を払って著作者の許可を得る必要があります。

 

同人イベントなどで実際許可なく販売されているものは黙認されているグレーな状態なんですね。

著作権は「親告罪」といって著作者が告訴した場合に処罰が課されます。

周りがみんなやってるから…と安心するのではなく、訴えられたら著作権侵害になるリスクがあるということは理解しておきましょう。

 

\シュミレーションは無料!/

 

 

Sponsored Links
スポンサードリンク

まとめ

ME-Q【メーク】で著作権・肖像権の問題で注文がキャンセルになる原因について解説しました!

どこまでOKかのラインは、自分用なのか、販売・譲渡するかどうか。

基本的には個人が自分用にグッズを自作する分には著作権の問題はありません。

 

注意すべきケースは、

・オリジナルグッズを販売する
・二次創作の同人グッズを販売する
・オリジナルグッズや同人グッズを友達にプレゼントする

の場合です。

他人の手に渡る予定のグッズを作成するときは注意してくださいね。

 

色んな種類のグッズが安く作れる『 ME-Q 』。

推しのイラストで自分好みの自作グッズを集めてみませんか^^?

 

\シュミレーションは無料!/

1個から自作できるME-Q

 

Sponsored Links

コメント

タイトルとURLをコピーしました